投資対象の物件

たとえば住み心地はあまり良いものではないが価値としては高いものになる物件は投資対象としては優れたものになるのです。安い土地などで広く確保できれば、住宅としては快適な面積を確保できるようになります。両立させるよりは方向を決めたほうが効率が良くなります。

Copyright ©All rights reserved.一戸建て住宅や不動産の保有.